IT・EC法務

一括契約方式と多段階契約方式



一括契約方式

ソフトウェア・システム開発委託契約において、各工程を順に定める方法が採用されることがあります。これを、ウォーターフォール型を呼びます。
どのようなソフトウェア・システムを開発するか決定する工程の、さらに前段階において、全工程を踏まえて完成まで一括して定めるのが、一括契約方式です。


多段階契約方式

工程ごとに個別に契約を締結するのが、多段階契約方式です。
多段階契約方式においては、一つの工程が完了次第、その結果を踏まえて、次の工程に関する個別契約を締結することになります。
経済産業省によるモデル契約では、多段階契約方式が採用されています。



ソフトウェア・システム開発委託への適用

ソフトウェア・システム開発委託においては、業態に適合する性能の調査、発注等、委託者(ユーザー)が主導する工程と、開発行為自体等、受託者(ベンダー)が主導する工程に分かれます。各工程に応じて、請負契約が馴染む場合と準委任契約が馴染む場合があります。また、開発過程で生じる仕様変更等を想定して、完成までに要する費用と期間を決定することは、委託者(ユーザー)及び受託者(ベンダー)の双方にとってリスクがあります。そのため、各工程に応じて個別契約を締結する、多段階契約方式の採用をお勧めします。
もっとも、小規模なソフトウェア・システム開発委託であれば、あらかじめ費用と期間を明確に定めた、一括契約方式が良いです。

PAGE TOP