IT・EC法務

秘密保持契約



秘密保持契約は、ソフトウェア・システム開発委託契約やホームページ制作契約等、新規事業や開発、未だ外部に認識されていない情報の共有が必要な場合に、付随して締結する契約です。


ソフトウェア・システム開発委託契約への適用


情報漏えいが生じた場合、委託者(ユーザー)としては新規事業や開発に充てた費用が無駄になり、逸失利益が観念できることもあります。受託者(ベンダー)としては信用の失墜につながります。
委託者(ユーザー)は、受託者(ベンダー)に対して、必要な情報を開示することになるため、秘密情報の範囲を広く設け、場合によっては受託者(ベンダー)によるコピーやダウンロードを制限します。
また、目的外利用の禁止を定め、これに違反した場合の損害賠償額を予定することで受託者(ベンダー)に重い秘密保持義務を課すことが有用です。

PAGE TOP